足育アドバイザーになるには

足育アドバイザーの活動の様子とタイトル「足育アドバイザーになるには」

足育アドバイザーとは

当協会では、足育アドバイザーの認定を受けて活動される皆さんの立場を守るため、次の名称を商標として登録しています。

  • 足育アドバイザー:登録商標第5650413号、登録商標第6623444号
  • ~0歳からの足育~ 生涯足育プロジェクト:登録商標第5787513号
  • 0歳からの足育:登録商標第6659836号
  • 日本足育プロジェクト協会:登録商標第6627306号

足育アドバイザー®は、日本足育プロジェクト協会が提唱する「~0歳からの足育~生涯足育プロジェクト®」に沿って足育を体系的に学び、定められた課題に取り組んで認定を受けた当協会の会員です。

足育アドバイザーは、「足の大切さを知り、足を健康に育てることを、家庭を中心とした日常生活の中に習慣として取り入れ、実践すること」という、当協会が定義する足育を自ら行い、その重要性と必要性を啓発し、普及に努めています。

具体的には、「足の大切さ」「靴選びの基本」「運動の大切さ」を伝える【足育講座】や、足に合う靴を選ぶ第一歩としての【足計測】、日常生活の中で実践できる足育のアドバイスを行う【足と靴に関する個別相談】などの活動を展開しています。

足育アドバイザーは、子育て支援センター、公民館、福祉センターなどの公共施設や、保育園、幼稚園、小学校の保護者会、企業などから依頼を受けて活躍している人もいれば、子育てや健康づくりに関わる職場で学びを活かして活躍している人もいます。

足育アドバイザー養成のカリキュラム

当協会では誰もが生涯に渡って足育に取り組むことが必要と考え、「~0歳からの足育~ 生涯足育プロジェクト®」として人生を6期に分け、それぞれの期に応じた足育をお伝えしています。

足育アドバイザー®になるには、「足育基礎講座」「足育アドバイザー養成講座」を受講し、各分野の専門家である先生方から0歳から生涯に渡る足育を学びます。

生涯足育プロジェクトのイメージイラストで、植物の成長を人生にたとえています。
乳児期を発芽の時期、幼児期と学童期を茎や葉が成長する時期、思春期を花が咲く時期、成人期を種を育む時期、高齢期を葉を落とす時期で表しています。

足育基礎講座

足育基礎講座では、子どもの足のトラブルを防ぐために欠かせない「足の大切さ(足の構造と働き)」「靴選びの基本」「運動の大切さ」について学びます。

以下の3科目を受講し、健康な足を育てるための知識を身につけます。

  1. 総論
    • 講師:玉島麻理(日本足育プロジェクト協会協会理事長、足育Lab Ta・Ta・Ta代表、HUG CHILD発育サポート教室代表)
  2. 解剖学
    • 講師:福本貴彦(畿央大学 健康科学部 理学療法学科准教授)
  3. 足育学(幼児期)
    • 講師:小野直洋(小野整形外科院長、当協会名誉理事、足育研究会顧問)

この講座では、生涯にわたる健康づくりに欠かせない、足と靴の基礎知識を得ることができます。

すべてオンラインで受講できるカリキュラムです。

足育基礎講座終了後のZoom画面のスクリーンショットです。画面いっぱいに受講生たちの笑顔が広がっています。

足育アドバイザー養成講座

足育アドバイザー養成講座では、0歳から成人期・高齢期までの足育を学びます。

以下の7科目を受講し、足をトラブルから守るための知識と、日常生活で実践できる方法を学びます。

オンラインと対面講習を組み合わせたカリキュラムです。

  1. 足育学(学童期)
  2. 足育学(成人期)
    • 講師:小野直洋(小野整形外科院長、当協会名誉顧問、足育研究会顧問)
  3. 足育学(乳児期)
    • 講師:玉島麻理(当協会理事長、足育Lab Ta・Ta・Ta代表、HUG CHILD発育サポート代表)
  4. 高齢者の足の現状
    • 講師:足立恵美(NPO法人予防的あしケアサポート理事長、メディカルフットケア足救代表、当協会相談役)
  5. 靴学
    • 講師:藤井恵(快適な靴と足 WOHLTAT 代表、マスターオブシューフィッティング)
  6. 運動発達学
    • 講師:石井浩子(京都ノートルダム女子大学 現代人間学部こども教育学科 教授)
  7. 皮膚科学
    • 講師:高山かおる(埼玉済生会 川口総合病院 皮膚科主任部長、足育研究会代表、当協会相談役)

また、普及啓発活動のために以下を学び、修了試験と認定課題に取り組みます。

  • 足育講座ガイドブック解説
  • プレゼンテーション(実技講習)
  • 足計測(実技講習)
第16期足育アドバイザー養成講座にて、足育たいそうの「あひるさん(しゃがみ歩き)」を実践している様子です。
第16期足育アドバイザー養成講座にて、足計測を練習している様子です。
第16期足育アドバイザー養成講座にて、対面実技講習が終了後の集合写真です。
参加者同士の交流も深まり、皆さん笑顔で楽しそうにしています。

足育アドバイザー認定までの流れ

足育アドバイザーになるには
  • Step1
    足育基礎講座を受講する
    • 希望の開講日にオンラインで講義を受講する(Zoomを使用)
    • オンラインで修了試験に取り組む
    • 費用:受講料38,000円、参考書籍『0歳からの足育のすすめ』1,760円
  • Step2
    足育アドバイザー養成講座を受講する(1年に1回の開講)
    • 開講日にオンラインで2日間の講義を受講する(Zoomを使用)
    • オンラインで修了試験に取り組む
    • オンラインでの実技講習を受講する(5分間の足育講座を発表し交互評価)
    • 対面での実技講習を受講する(運動遊び、足計測、フットスタンプ、フィッティング。東京及び大阪で開催)
    • 費用:受講料108,000円、別途教材費(フットプリンター33,000円、フットゲージ7,500円)
  • Step3
    足育アドバイザー認定課題に取り組む
    • 「足育講座」および「足計測、フットスタンプ、個別アドバイス」を合計10人以上に実施
    • 小論文「足育アドバイザーとしての活動の抱負」
  • Step4
    足育アドバイザー認定課題を提出し、合格する

  • Step5
    日本足育プロジェクト協会へ入会する
    • 足育アドバイザー資格会員: 入会金2,000円、年会費8,000円(認定された年度の会費は月数分の支払)
  • Step5
    足育アドバイザーとして活動を開始
    • 毎年4月に会員の更新手続きがあります(年会費の納入、活動報告)
    • 会員限定の情報共有サイトで、資料、データ、画像などを利用できたり、活動に関する相談やアドバイスを受けたりできます
    • 足育アドバイザー対象の勉強会やお茶会などで学びを深めることができます

講座の開催予定(2024年)

足育基礎講座

開催日申込締切日
1月31日(水曜日)1月17日(水曜日)
3月10日(日曜日)2月25日(日曜日)
5月15日(水曜日)5月1日(水曜日)
6月16日(日曜日)6月9日(日曜日)
7月10日(水曜日)6月26日(水曜日)
8月25日(日曜日)8月11日(日曜日)

第17期足育アドバイザー養成講座

内容日程(それぞれ希望日を選択して受講)
講義(オンライン)
(1)9月28日(土曜日)~29日(日曜日) 9時~18時 (ライブ)
(2)10月9日(水曜日)~10日(木曜日) 9時~18時 (録画配信)
実技講習(プレゼン)(1)10月16日(水曜日) 9時~12時
(2)10月20日(日曜日) 9時~12時
実技講習(対面)(1)10月13日(日曜日) 大阪
(2)10月14日(月曜日、スポーツの日) 東京

足育アドバイザー養成講座の詳細は、足育基礎講座を修了された後にご案内しております。

受講に関わるご質問やご相談のある方は、問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました